コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ETCカードはの再発行手続きは到着まで約2週間~3週間

ETCカードの再発行が必要になった場合には、カード発行会社により再発行の手数料が発生する場合があります。

次の表の通りに、各社で再発行手数料は、様々な対応になります。

なお、再発行手数料などは、改定されて変動する場合があります。

再発行される際には、その都度の確認が必要になります。

なお、ETCカードの再発行手数料が発生する場合であっても、クレジットカードの種類(例えば、プラチナカードやゴールドカードなど)により 、ETCカードの再発行手数料が無料になる場合があります。

ETCカードの再発行手続きは、クレジットカード名義の本人からの連絡が必要になります。

多くのETCカードが、本人からの電話連絡によりETCカードの再発行手続きが完了します。

しかしながら、ETCカードの中には、再発行に際して、ETCカードの発行会社が適当と認めた場合とする条件が付加される場合があり、ETCカードの再発行において本人確認による再審査が必要になる場合もあります。

そのために、ETCカードによりますが、ETCカードの再発行には注意が必要になる場合あります。

多くのETCカードの再発行に必要な期間は、ETCカードの再発行申請から2週間から3週間になっています。

例外的な手続きになりますが、どうしても最短で発行したい場合には、カード利用料金を支払う銀行口座によりますが、”らくらく発行”などの手続きを利用することにより、2日から3日(営業日)でETCカードを手にすることもできます。

お持ちのETCカードに対して最短で発行できる裏ワザがないか確認しておくといざという場合に役立ちます。

ETCカードは、業務で使用されている方は、ETCカードによる有料道路の使用料金の割引が適用されないことは深刻な問題になる場合があると考えられます。

手元にETCカードが欲しいと切実と思います。

多くのクレジットカードが、クレジットカード1枚に対してETCカード1枚になります。

しかしながら、一部のカードで、クレジットカード1枚につきETCカードは5枚まで発行できます。

このようなクレジットカードであれば、バックアップ用のETCカードを所持することができます。

なお、紛失・盗難の届け出後に発見されたETCカードは使用することができません。

そのために、ご自身で裁断・廃棄が必要になります。

裁断時の注意点は、ETCカードを1箇所あるいは2箇所にハサミを入れて裁断して下さい。

また、ICチップが搭載されている場合は、ICチップの部分にもハサミを入れるように裁断をして下さい。